So-net無料ブログ作成

豊橋鉄道市内線 ≪東田本線(あずまだほんせん)≫ [カメラ 写真 α700]

さて、ドライブ中になんだか線路が見えてきました。

それも相当な距離で柵もなければ踏み切りも無い。


豊橋鉄道01.jpg

 

 

 

 

 

 

あるのは駅だけ・・・。

 

ということで、今回は路面電車『豊橋鉄道・東田本線』です。

全線が併用軌道路面電車である、愛知県豊橋市の鉄道。

地元民からは市内電車から親しまれた呼び名『市内線市電』などとも呼ばれる。

豊橋鉄道02.jpg

 

 

 

 

 

 

1925年(大正14年)に開業。

路線を新築し、また廃止され、また路線延長されてきたこの路線は今でも豊橋市になくてはならない存在なのです。

 

豊橋鉄道03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停留所はいたってシンプル、車道中央部に設置されている。 

 

豊橋鉄道04.jpg

 


 

 

 

 

白黒撮影で、少し雰囲気を出してみる。

 

豊橋鉄道05.jpg

 

 

 

 

 

 

普通乗用車とスレスレ、ですがそれも当たり前な風景。 

 

豊橋鉄道06.jpg

 

 

 

 

 

 

なかなかどうして背後に漂う哀愁がたまらない。 

 

 

豊橋鉄道07.jpg

 

 

 

 

 

 

ここからは通常カラーで。

 

豊橋鉄道08.jpg

 

 

 

 

 

 

ここ井原駅から路線が赤岩口駅と運動公園前の2つに分岐される。

しかし珍しい事に、両分岐とも、一駅向こう側が終点である。

 

豊橋鉄道09.jpg

 

 

 

 

 

 

それにしても車両の広告が物凄い。

全車両が走る広告看板と言うわけだ。

 

豊橋鉄道10.jpg

 

 

 

 

 

 

ここが車庫。

奥の方に『おでんしゃ』と言われる車両が整備されている。

この電車は冬の一定期間運行される『走る屋台』 なのである。

おでんをつまみながらビールを飲み豊橋の街並みを楽しめる、

そんな粋な冬の風物詩の車両です。

 

豊橋鉄道11.jpg

 

 

 

 

 

 

最後に長く続く、線路の写真で締めさせていただきます。 

 

≪豊橋鉄道株式会社≫  http://www.toyotetsu.com/index.shtml 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。